俳優・上川隆也さんが、テレビ東京にて2018年4月13日から毎週金曜午後8時〜放送されるドラマ「執事 西園寺の名推理」で主演を務めます。

上川さんが、テレビ東京の連続ドラマで主演を務めるのは、今回が初めてらしい。このドラマ「執事 西園寺の名推理」では、何をやらせても「完璧すぎる執事」という役を演じる。とても上川隆也さんに、ピッタリ〜な気がして面白そうで、ワクワクします。

上川さんが演じる執事の西園寺は、計り知れない能力と、完璧な心配りで、主人のいかなる望みにも応え、絶対的な忠誠を貫く執事なのです。西園寺に不可能は無く、奥さまのお望みならば、スマートな推理で、殺人事件まで解決してしまうのです。

執事の西園寺は奥様の為なら、たとえ火の中、水の中、すべてを賭して尽くします。執事としての能力はもちろんの事、なんと数か国語を操り、そして高い身体能力で格闘技もこなしてしまい、果てはピアノの演奏まで…まさに完璧すぎる男。

このドラマは、上川隆也さんのファンの方は必見です。上川隆也の魅力を存分に発揮する作品になるのではないでしょうか。

あらすじやキャストを紹介します。

スポンサーリンク

「執事 西園寺の名推理」第1話あらすじ

執事西園寺」は完全オリジナルストーリーです。

西園寺一(上川隆也)は資産家の奥様、伊集院百合子(八千草薫)に仕える執事。主人のいかなる望みにも応える完璧な仕事ぶりから、“パーフェクトな執事”と言われている。

お屋敷では、西園寺の他、新米執事の澤田慎次(浅利陽介)、メイドの前田美佳(岡本玲)、ベテランメイドの板倉明美(池谷のぶえ)が働いている。
ある日、西園寺と百合子はホテルで開かれるスイーツコンテストへ向かう。会場はホテルセンチュリートーキョーの最上階。ここは百合子の亡き夫・光弥(里見浩太朗)の御用達で、乙坂賢太郎が支配人を務めている。

コンテストに参加するパティシエは3人。人気スイーツ店の代表パティシエ・青木俊彦、テレビで人気の「スイーツ王子」こと錦野省吾、フランス人で世界屈指の実力派・ピエール・パパン。

会場で百合子は、両親亡き後に支援した香澄と再会する。香澄は現在、青木の店のマネジメントをしているが、青木との間にはギクシャクした空気が漂っていた。しかも、青木は世界的な菓子メーカーの令嬢・後藤美幸と親しげにしている。そんな青木を、錦野はうらやらましがっていた。他にも錦野の助手水野修平の姿もある。やがてコンテストが迫り、各自はバックヤードなど持ち場に戻って行った…。

そして開始直前、1階の備品倉庫で錦野の刺殺体が発見される!
事件現場に城南第一署から刑事の丸山昭雄(佐藤二朗)、柴田公平(平山祐介)、樋口亜矢(桜乃彩音)が駆け付ける。丸山は青木が犯人だと疑う。しかし、百合子には青木が犯人だと思えない。西園寺は百合子の意をくみ、新米執事の澤田と共に、真相を探り始めるのだった!
一方、秘書・水城希(花乃まりあ)に西園寺の動きを報告させる、元・警察庁長官の大物政治家・大川龍之介(古谷一行)の目的とは…?
“パーフェクトな執事”西園寺が、驚くほど幅広い知識と経験、冴えわたる観察眼を駆使し、事件の謎を鮮やかに解き明かす!(公式サイト)

 

スポンサーリンク

「執事 西園寺の名推理」キャスト

西園寺一…上川隆也(主演)

(公式サイト)

万能な執事で資産家の伊集院家に仕える。
執事としての能力はさることながら、多くの知識と経験を基に、数か国語を操る。更に、高い身体能力も持ち、格闘技もこころえ、果てはピアノの演奏までこなしてしまうという、まさに完璧すぎる“パーフェクトな執事”。

 

伊集院百合子…八千草薫

(  公式サイト)

西園寺とは、夫が亡くなる前から仕えているので、深くて厚い信頼関係で結びついている。百合子は、好奇心旺盛で少しだけ天然キャラ、「守ってあげたい」オーラいっぱいの優雅で、上品な貴婦人である。

伊集院光弥…里見浩太朗
百合子の亡き夫

澤田慎次…浅利陽介
新米執事。西園寺の助っ人。

大川龍之介…古谷一行
政治家。元・警察庁長官

丸山昭雄…佐藤二朗
城南第一署の刑事

前田美佳…岡本玲
伊集院家のメイド。

板倉明美…池谷のぶえ
伊集院家の料理も担当するベテランメイド

柴田公平…平山祐介
丸山の同僚。城南第一署 刑事

 

まとめ

執事の謎解きドラマとしては、2011年 フジテレビの「謎解きはディナーのあとで」を思い出します。このドラマの主人の宝生 麗子役を北川景子さんで、仕える執事役の影山を櫻井翔さんでした。このドラマは、人気者のお二人が出演されているだけあって、見ごたえがありましたが、内容はコミカルタッチな感じでした。

しかし、この「執事西園寺の名推理」は、なんといっても執事の上川隆也さんの「完璧すぎる執事」の役所が見どころです。

執事の西園寺は奥様の為なら、たとえ火の中、水の中、すべてを賭して尽くします。執事としての能力はもちろんの事、なんと数か国語を操り、そして高い身体能力で格闘技もこなしてしまい、果てはピアノの演奏まで…まさに完璧すぎる男。

この「パーフェクトな執事」は、あの上川隆也さんのイメージに、ピッタリ〜のはまり役ではないのでしょうか。

このドラマ「執事西園寺の名推理」は、上川隆也の魅力を存分に知れる作品になりそうです。