「おっさんずラブ」は、2016年の年末深夜に単発ドラマとして放送され、SNSなどで「胸キュン・コメディー」として大きな話題となった作品です。

この度、土曜ナイトドラマで連続ドラマとして決定。テレビ朝日系で2018年4月21日(土)【毎週土曜】よる11時15分~スタートする

おっさんずラブ」は新感覚の純愛ドラマ。女好きだけどモテない独身の春田創一役の(田中)が、ピュアすぎる乙女心持つ「おっさん上司」黒澤武蔵(吉田)と、同居している「ドSでイケメン」な後輩”牧凌太(林)の二人から、告白されることから始まるストーリー。
つまり『おっさんずラブ』は、おっさん同士の同性愛の純愛ドラマなのです。

おっさんが、なんか気持ち悪くない…とか
“常識”で考えたら、あり得ない…とか

普通に思うのだけれども、
どうやら、既成概念を超えたピュアな恋愛模様に胸キュン!のドラマらしい。

笑って泣いて、ときめいて〜気がついたら、男も女も関係ない!思わず応援したくなるそんな気持ちになるとか…ゲイ役で、今回ヒロインの吉田鋼太郎さんの演技にも、注目したいですね。

スポンサーリンク

ドラマ「おっさんずラブ」第1話あらすじ

結婚したいのに全然モテない33歳の独身男・春田創一(田中圭)は通勤中、痴漢に間違われたところを、尊敬する敏腕上司・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)に助けられる。

ところがホッとしたのも束の間、春田の目には“見てはいけないもの”が飛び込んでくる。それは…黒澤の携帯のロック画面に映し出された、春田のキメ顔写真!

え、え、え? 何? いまの何!?―――動揺する春田だが、さらに仕事中、黒澤のパソコンでとんでもないものを発見。なんと“spring”と名付けられたフォルダに、春田の隠し撮り写真が大量に保存されていたのだ!

まさか部長…俺のことを…いやいや、確かに運命の恋にいつか巡り合えると信じて生きてきたけれど…こ、これは…

「神様。僕が希望していた運命の恋とは、少しテイストが違うような気がします」
完全にパニくった春田は黒澤を一方的に警戒し、挙動不審に…。

そんな中、後輩のイケメン社員・牧凌太(林遣都)が本社から異動してくる。牧は礼儀正しく、仕事にも一生懸命。しかも、料理までも得意らしい。折しも、息子の自立を心底願う母親に突如家出され、家事もままならず途方に暮れていた春田は、牧に同居を提案。さっそく引っ越してきた牧の“女子力”に、春田は感動しまくりで…!

その頃、運命の歯車は怒涛の勢いで回り始める。なんと、黒澤が春田を呼び出したのだ。やけにムーディーな待ち合わせ場所で春田を待っていたのは…バラの花束を持った黒澤! しかも、男気あふれる黒澤の口から飛び出したのは、「はるたんが…好きです!」という、乙女すぎる愛の告白で…!?   (公式サイト)

 

スポンサーリンク

ドラマ「おっさんずラブ」キャスト

(公式サイト)

●春田 創一(33)…田中 圭

結婚願望はあるが、モテない33歳の独身。幼馴染のちずが気になるが、いま一歩踏み出せずにいる。女子(特にロリ巨乳)が大好き。「天空不動産」の営業所の社員

 

●黒澤 武蔵(55)…吉田 鋼太郎

春田の上司で「天空不動産」の営業所の部長。厳しくも情に厚く、仕事一筋な男女共に人気が高い「理想の上司」だが、実はゲイ。

 

●牧 凌太(25)…林 遣都

春田の後輩だが、高学歴のイケメンエリート。女子社員が放っておかない。春田と同居を始め、カミングアウトしてしまう…

●荒井 ちず(27)…内田 理央

春田と実家が隣で、幼馴染。独身で現在彼氏ナシの「居酒屋わんだほう」の看板娘。竹を割ったような性格でズボラで家事が嫌い。

●栗林 歌麻呂(23)…金子 大地

「天空不動産」営業所のモンスター新入社員。営業成績は春田より上で要領は良い。そして、恋愛偏差値が高く、モテる。

●瀬川 舞香…(45)伊藤 修子
「天空不動産」営業所の社員でおしゃべりおばちゃん。営業成績も抜群で勘が鋭い。

●黒澤 蝶子…(50)大塚 寧々
黒澤武蔵の妻。何事もなく結婚30周年を迎えた直後に、武蔵から離婚を切り出された。原因は、おそらく“不倫だ”と推理し、相手を突き止めようとすると…夫がゲイだと知る事になる。

 

ドラマ「おっさんずラブ」の見どころ

同性愛者つまり、同性を好きになってしまう人とは、ある種の醸し出す空気があると言います。

このドラマでは、春田 創一(田中 圭)を好きになってしまう、林さんと吉田さんの二人のゲイ役に注目したいですね。

林遣都 さんが演じる牧の役は、女性が放っておかないイケメン男子。性格は男らし者の、ちょっとドS。家事・料理などが万能なゲイ。

吉田 鋼太郎さんが演じる黒澤の役は、仕事をバリバリこなす男気あふれる容貌の「理想の上司」。だが…実はゲイ

この二人が、醸し出す演技にも期待したいですね。

個人的には、吉田 鋼太郎さんのクスッと笑えそうな“乙女ムサシ”の顔が楽しみです。

吉田鋼太郎 さんのコメント

この作品はとにかく衝撃的な内容。単発ドラマが放送された後の反響も大きく、周囲の評判も僕がこれまで出演してきたドラマの中で一番よかったんです。前回の撮影現場は笑いを堪えるのが大変なほどテンションが高く、和やかな雰囲気でした。今回もそんな現場にして、皆さんと一緒にテンションの上がる“愛の物語”を紡いでいきたいです。圭くんとは前回の『おっさんずラブ』が初共演でしたが、本当にお芝居が上手くて、しかも好青年で…! 人として大好きになったんですよ。これから連ドラの撮影を重ねるうちに、もっともっと好きになっていくはず。最終的にどれだけ圭くんのことを好きになるのか…自分でも怖くなるほど楽しみです(笑)。
『おっさんずラブ』は本当に胸がキュンとなる、切ないラブストーリー。ヒロイン役は初めてで(笑)、ドキドキして緊張もしていますが、最後まで立派にヒロインを務めたいと思います。恋をしている人も、恋をしたい人もぜひご覧ください。(公式サイト)

 

まとめ

ゲイの方が身近にいらっしゃれば『おっさんずラブ』のストーリーに、あるあるが多く見つけられるかも知れませんね。

人を好きになるって何〜?って、ちょっと考えさせられるかも…
「真剣トキメキ・ラブコメディー」期待したいです。