2018年1月18日に放送開始する木村拓哉主演のドラマ『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系、木曜午後9時〜)の追加キャストが発表されました。

木村拓哉主演のドラマ『BG~身辺警護人~は、今年の大ヒットドラマ米倉涼子主演『ドクターX~外科医・大門未知子~』の後だけに注目度が高い。

なんせ『ドクターX』第5シリーズが、平均20.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を叩きだしている。『BG』は何かと『ドクターX』の視聴率と比較されるのが間違いないし、制作関係者はかなりのプレッシャーがかかっていると言います。

 

その為か、先に決まっていたのは、主役級の豪華キャスト達。同僚ボディガード役の斎藤工、菜々緒、間宮祥太朗、上川隆也、元キャスターで厚生労働大臣役の石田ゆり子、警視庁SP役の江口洋介。誰が主役か分からないとの声もあり。〜
この方達だけでも、充分に見ごたえがありますよね。

 

さてさて〜そんな中、更に追加されたキャストは誰?そして第1話のあらすじや見どころをお話いたします。

スポンサーリンク

「BG~身辺警護人~」追加キャスト

島崎章(木村拓哉)が勤める日ノ出警備保障の社長

今関重信役は、永島敏行
身辺警護の職に自身も就いた事があり、章を会社に引き入れた役。

島崎章(木村拓哉)の息子

瞬役は、田中奏生。
『PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~』(フジテレビ)でも木村と共演したのがきっかけで、抜擢された。息子の瞬は、思春期をむかえる中学生役で今一、章とコミニケーションがとれていない。

警視庁警備部警護課の“SP”(セキュリティーポリス)

係長・氷川修役に宇梶剛士
その部下・清田春孝役に阿部進之介

公的組織である警視庁警備部警護課の“SP”。武器を持たず丸腰で警護対象者を護る島崎章(木村拓哉)達のボディーガードに対し、どこか冷ややかな目を向けている。

島崎章が6年前まで警護に付いていたプロサッカー選手

河野純也役に満島真之介
章の過去に関わるキーマン。
6年前、純也と章の間に何が起きた?物語の大きな鍵となる。

スポンサーリンク

「BG~身辺警護人~」第1話ゲスト

伊武雅刀
警護対象者の最初の依頼主になるサスケフーズ会長・大久保佐助役

勝地涼
雑誌記者の犬飼悟役
厚生労働大臣の立原愛子(石田ゆり子)と懇意にしている記者

 

キムタク新ドラマ2018ボディガード役に!気になるヒロインは誰?

 

「BG~身辺警護人~」第1話のあらすじ

極寒の路面補修工事の警備員の島崎章(木村拓哉)が勤務していた。とある日、章は日ノ出警備保障の社長・今関重信(永島敏行)に呼ばれ、本社へ行くと身辺警護課の新設の為、着任を任命される事になる。

そして、各部署から集められたメンバーは、高梨雅也(斎藤工)、菅沼まゆ(菜々緒)、沢口正太郎(間宮祥太朗)、村田五郎(上川隆也)だった。

このメンバーで、厳しい訓練をうけ、「新人ボディーガード」として身辺警護課としてスタートする事になる。

初の任務は、隅田川で開催されるマラソン大会の警護の仕事だった。
依頼人はマラソン大会のスポンサーである会社会長の大久保佐助(伊武雅刀)。

その頃、厚生労働大臣の愛子(石田ゆり子)は、脅迫状を受け取っていた。相手は、元ファン代表」を名乗る人物で、内容は「退陣なくば、死の号砲が鳴る」という文面だった。その為、スターターとしての参加が予定されているマラソン大会への出席を警視庁SPの落合はやめるように説得する。しかし愛子は、脅迫に屈することなく、参加への決意を新たにしてしまう。

 

マラソン大会のスポンサーである会社会長の大久保佐助は、警備を強化するよう迫る。しかし、警備に対する考え方に食い違いが、章と高梨の間で生れる。そうこうしているうちに、マラソン大会の日が来てしまう…

 

「BG身辺警護人」キャストでヒロインは石田ゆり子?第1話あらすじ

まとめ

『BG』の主人公・島崎章(木村)の民間警備会社のボディガードと公的組織である警視庁警備部警護課の“SP”の激しい対立が見どころのようです。

武器を持たず丸腰で警護対象者を護るボディーガードと拳銃なども装備して任務につくSPたち。危険と隣合わせの、熱く泥臭い戦いの日々を濃密に描いたドラマはどんなアクションが見れるのか楽しみです。

スポンサーリンク