もうすぐ始まります。
2018年1月18日スタートする木村拓哉主演のドラマ『BG~身辺警護人~』はテレビ朝日系、木曜午後9時〜

木村拓哉が、ボディーガード役に挑むドラマ。
凄く楽しみなんだけど〜

ケビンコスナーとホイットニーのあの映画の「ボディーガード」のようなサスペンスタッチのラブストーリーになるのかと思って、ずっと相手役のヒロインが誰か気になってました。あれから、さらに調べてみました。

 

スポンサーリンク

「BG身辺警護人」ヒロインは石田ゆり子?

当初は長澤まさみや広瀬すずの名前も挙がっていようですが、連続ドラマはスケジュール的に厳しいという理由で、断られたという話を聞いていました。

当初は、旬の若手女優をヒロインにして、視聴率を取りたいというもくろみが、見え隠れしていました。

でも、いまだ「ヒロイン」という公式の発表は、実はまだないのです。

早々に発表があった豪華キャスト達は、江口洋介、斎藤工、上川隆也、菜々緒、石田ゆり子と主役級が顔がズラリ…

その中に名前があった石田えり子が、ヒロインという声があがっている。何でも“キムタク直々のご指名”があったという関係者の話です。

なんせ石田ゆり子は最近ブレーク中で、彼女を見ない日はありません。

缶コーヒーのCMにも出ていますね。
彼女の語りかけCMはとても好評〜!

『キリンFIRE』で“寒いから頑張りすぎないでね……って言っても、あなたは頑張っちゃうんだろうな。ありがとう。お疲れさま”って言う石田ゆり子さん。この彼女に癒やされている世の男性は多いとか…

今、波に乗った石田ゆり子さんのヒロイン役は、見どころになりそうですね。

いずれにせよ、若い女優ではなくヒロインに石田ゆり子(48)を選んだのは正解かも知れないと思います。

何故なら、45歳になる木村拓哉の相手役に、若い女優を配置しては木村拓哉が見劣りしてしまう。SMAP解散騒動以来、木村拓哉はご心労の為か、ちょっと老け混んだ気がしてならない。髪型が短髪になったせいかな。まあ〜年相応だと言えば問題ないのだが、ロン毛が余りに似合っていたせいですねタブン。

 

この「BG身辺警護人」では木村拓哉は、中学生の子供を持つシングルファザー役。それは、かつてない程、年相応な役になります。

このドラマでは、今までの「キムタクは何をやってもキムタク役。じゃなくて、新しいキムタクが見れるかも!」と期待したいですね。

スポンサーリンク

「BG身辺警護人」の石田ゆり子の役柄と第1話あらすじ

●石田ゆり子の役柄

石田ゆり子さんが演じるのは、警護対象者となる厚生労働大臣・立原愛子(たちはら・あいこ)役。
以前は知的な美貌のため、人気のキャスターでもあった。8年前、衆議院に立候補し、見事トップ当選する。それは、有権者(特に男性)から圧倒的な支持を受けているお陰でもあった。

愛子は上昇志向が強く、そのためには手段を選ばないという。見かけの容貌とは違い、傲慢な性格の持ち主。

 

●第1話あらすじ

木村拓哉が臨む「BG身辺警護人」このドラマは、拳銃を持たずに丸腰で警護対象者を護る民間警備会社のボディーガードの活躍を描いたドラマです。

第1話では、隅田川で開催されるマラソン大会で、参加が予定されている厚生労働大臣の愛子(石田ゆり子)の警護の仕事だった。

その愛子(石田ゆり子)は、脅迫状を受け取っていたのだ。相手は、「元ファン代表」を名乗る人物で、内容は「退陣なくば、死の号砲が鳴る」という文面だった。

参加をやめるように説得するも愛子は、脅迫に屈することなく、参加への決意を新たにしてしまう。
〜というストーリーから始まる。

〜と言うことは、もしや警護対象者である厚生労働大臣の愛子(石田ゆり子)との恋話に展開する〜?果たして、サスペンスタッチのラブストーリーになるのか、見どころですね。

 

キムタク新ドラマ2018ボディガード役に!気になるヒロインは誰?

 

「BG身辺警護人」のヒロインは1話ごとに違う複数の女優の可能性も?

石田ゆり子さん以外に、ヒロインは、1話ごとに違う複数の女優さんになる可能性も囁かれている。

この「BG身辺警護人」は、脚本家・井上由美子さんのオリジナル作品のため原作はなく、開けて見なければ全く分からないと言ったところなのです。

でも視聴者としてみれば、毎回違う美女が登場するほうが嬉しい〜!と言う声もあり〜!

まとめ

2018年1~3月のドラマは、「ジャニーズの主演対決」とも言われるほどドラマが賑わっています。
その中でも「BG身辺警護人」は、とにかくキャストは豪華、豪華。
それに加え、旬のヒロインと申し分の無い設定です。

それだけに主役の木村拓哉の役者としての力量が、試されるドラマとなるかもしれないですね。見どころ満載で楽しみです。

スポンサーリンク