先日、「BG身辺警護人」の第6話、7話で木村拓哉の元妻役で山口智子さんが出演すると分かり嬉しくなりました。このお二人の黄金のタックルは、見逃せないです。

思い出すのは、ドラマ「ロンバケ」でしょう〜!さっそく懐かしいの「ロングバケーション」通称「ロンバケ」が観たくなりました。そんな方多いのではないかな〜!

スポンサーリンク

何度見てもキュンキュンするこのシーン

この曲の入りに方に鳥肌立ったわ〜!
久保田利伸のこの曲の入り方が、バッグンにいいのです。
久しぶりに歌いたくなっちゃいました。アハァ〜^^

 

主題歌:LA・LA・LA LOVE SONG/久保田利伸

 

ドラマの「ロンバケ」とは?

ドラマの「ロンバケ」とはドラマの『ロングバケーション』の略でフジテレビ系の「月9」枠で、1996年4月15日から6月24日まで毎週月曜日21:00 〜放送された大ヒットした伝説のドラマです。

 

主演は木村拓哉と山口智子。その他にも竹野内豊や松たか子、稲森いずみ、広末涼子といった今となっては有り得ない位の豪華な顔ぶれでした。

「月曜日はOLが街から消える」と週刊誌などで言われ、「ロンバケ現象」が起きていたようですね。そんな話題のドラマだったので1996年度には第34回ギャラクシー選奨受賞(放送批評懇談会が日本の放送文化の質的な向上を願い、優秀番組・個人・団体を顕彰する賞)など受賞していたようです。

 

とにもかくにも、この頃の木村拓哉は人気絶頂〜!!
ロン毛の代名詞のように、髪型さえも真似をする人が続出してました。

 

その頃、山口智子も既にドラマ「ダブル・キッチン」「29歳のクリスマス」などのヒットで人気女優の仲間入りをしていた事もあり、人気者同士の共演ともあって、初回視聴率でいきなり30.6%という高視聴率を叩き出すことになります。

その後も続き、最終回で36.7%と最高視聴率を記録し伝説のドラマになりました。

スポンサーリンク

ドラマ「ロンバケ」あらすじ

脚本:北川悦吏子

結婚式当日に新郎に逃げられた落ち目のモデル・南(山口智子)と芸大を卒業したものの冴えないピアニストの瀬名(木村拓哉)が同居することから始まります。

南は瀬名のルームメイトだったその男と、結婚式を挙げるはずだったのに、婚約者が当日失踪したのだという。取り合えずそのままその男を待つ為に瀬名の部屋に居座る事になり、奇妙な同居生活がはじまる。そして次第に惹かれ合って行くラブストーリー。

ロングバケーション 1話

出だしから〜惹きつけられる〜笑笑

 

「BG身辺警護人」の6話7話ネタバレ!見どころ元妻役に山口智子

 

 

まとめ

や〜懐かしかったですね。あらから22年〜
ドラマを通じて、22年前のあの頃の自分を思いだします。

しかし山口智子さんは、今も変わらず、お若くてお綺麗でびっくりです。

木村拓哉さんは、結婚されてお子様がお二人いらっしゃり、父親の顔になられた様な気がします。役者として益々、羽ばたいて欲しいです。