「BG身辺警護人」3月15日(木)の最終回は、超スペシャルゲストで矢沢永吉さんが出演されるそうなんです〜!

えっ〜
どう言う形で登場するの〜?
探って見ました。

スポンサーリンク

『BG身辺警護人』最終回に矢沢永吉さんとの共演はキムタクの願い

何でも、矢沢永吉さんとの共演は木村拓哉さんのたっての願いだったらしい。
矢沢永吉さんと言えば、日本最高峰のロックミュージシャンです。

『BG身辺警護人』は最後の最後まで、ゲストは豪華、豪華で話題を呼びますね。前々回の山口智子さんとの共演についても、22年前の「ロンバケ〜」を思い出し、懐かしくて盛り上がりました。主人公の島崎の別れた元妻役に、山口智子さんは、ナイスキャスティング!でした。今回の矢沢永吉さんも
良く思いついたなあ〜と感心してしまいました。『BG身辺警護人』は、キャストにとても力を入れていますね。

 

矢沢さんは「BG身辺警護人」での役柄は、アーティストととして、ご自身の役をそのままでドラマに出演される。等身大のそのままの役柄で出演される事について、嫌がるミュージシャンが多い中、矢沢さんは、快く引き受けてくれた。その事について木村さんは、とても感謝していると語っているそうです。

さすが矢沢永吉さん。
ビックです〜!

撮影も和やかな雰囲気で、木村拓哉さんと矢沢永吉さんは、がっちり握手を交わし、談笑する場面もあったとか…

スポンサーリンク

「BG身辺警護人」最終回9話あらすじネタバレ・ 敵は国家?8話感想

矢沢永吉さん出演のロケ地は「日本武道館」

やっぱり〜
そうですよね!ロケ地は「日本武道館」ですね。
Bigな矢沢永吉さんですから、そうでなくちゃ〜!

そうなると、エキストラも凄いです。
「BG身辺警護人」の最終回は、約600人も動員され大規模なロケになったようです。
そういえば「BG身辺警護人」の第1話もマラソン大会の時のエキストラの人数も凄かったですね。

 

今回の武道館で、早朝から始まったロケ。約600人のエキストラの方に、矢沢永吉さんが出演されるとは、知らされていなかったそうですね。姿が見えると大きな歓声が上がっていたといいます。

と言うことは、ギリギリに矢沢永吉さんに決まったんでしょう。

それにしても「矢沢永吉」「日本武道館」「600人のエキストラ」と素晴らしい3拍子で、最終回も最高のシチュエーションですね。

「BG身辺警護人」最終回9話あらすじネタバレ・ 敵は国家?8話感想

『BG身辺警護人』最終回に矢沢永吉さんはどのシーンに登場するの?ネタバレ

●前回の『BG身辺警護人』第8話のあらすじでは、

村田五郎(上川さん)が発砲事件に巻き込まれ命を落とし、その上に汚名を着せらた。その汚名を晴らそうと島崎章(木村さん)らが立ち上がって奮闘する。
しかし、唯一現場の証拠だった村田の遺品のICレコーダーも、警察の手によってデータが削除され、真相は闇の中に葬られようとしていた…

●そして今回の『BG身辺警護人』最終回あらすじ

警察に、証拠も隠滅されたそんな島崎達に、厚生労働大臣の職を辞した立原愛子(石田さん)が「私が真実を話します」と名乗りでてくれることに。そして真実を語ろうとする愛子の警護をすることになる。しかし島崎にも危険が迫ってくる…亡くなった村田と身辺警護課の名誉を懸けた最後の戦いの行方は…!?

 

〜と言うあらすじでした。
おそらく私の想像ですが、矢沢永吉さんが登場するのは最後の最後。

最終回の結末は、亡くなった村田課長と身辺警護課の名誉を懸けた警察との戦いは、勝利する。やっぱりここは、ハッピーエンドでしょう。

民間のボディーガードは、武器を持たず丸腰で戦い、警護対象者を徹底的に守る。守るのは、命だけではなく社会的イメージや秘密なども含めてなんですね。警察のSPと民間のボディーガードの違いが良く分かったドラマですよね。

警察と争いで勝利を納め、民間のボディーガードの地位と名誉を確立させた島崎たち。今ではこんなBigな大スターのボディーガードをしています。と言った感じで矢沢さんが登場〜!

と言う感じでしょうか…?

 

まとめ

木村拓哉さんは、今回の最終回にあたって「びっくり箱のようなワンシーンになっているのではないでしょうか…。是非、楽しみに御覧ください!」とコメントしている。

最終回は見逃せません。ますます楽しみです‼︎

スポンサーリンク