この報道にビックリ〜!
KEIKOさんを介護してたのではなかったの?

妻のKEIKOが大分の実家に帰省している間、1月13日に看護師を家に招き、一晩共にしたという事を週刊文にスクープされたのだ。これは穏やかではないですよ。

お相手の看護師の女性は誰?
妻のKEIKOは、どうしてるの?

気になりましたので、調べてみました。

スポンサーリンク

小室哲哉のお相手の看護師の女性は?

お相手の女性は、柴咲コウ似のスレンダーな美人看護師だそう。そして、シングルマザーであるということです。年齢は、まだ分かっていない。

きっかけは、この女性が勤めていたクリニックに小室哲哉が患者として、ビタミンB1を主成分とする「ニンニク注射」を受けに通っていたことから、始まったようです。

やがて、小室哲哉のスタジオや自宅に呼んで個別に摂取を受けるようになり、急接近し、男女の仲に発展したのではと言われています。

 

小室哲哉は、不倫相手の看護師と同じ部屋で寝たことを認める

発覚後、小室哲哉は直撃取材。
その翌日には、40分に渡って週刊文春の独占インタビューを受けている。

この内容によると、不倫については否定しているようです。

「誤解を招く甘い言動が多々ありました。本当に申し訳ないと思っています」と謝罪をしています。

しかしですよ、同じ部屋で寝たことは認めているんですよ。これを不倫でないといい切れるのでしょうか?
誰が聞いても黒でしょうね。

妻のKEIKOはどうしているか気になります。

2011年10月、妻のKEIKOさんはクモ膜下出血で倒れて以来、7年間リハビリに取り組んでいる。それを小室は傍らで支え、メディアの取材にも「僕にはこの人しかいない」「彼女に寄り添いたい」と献身を語ってきた。

ちょっと取材は辞めた方がいいのではとも思うのだけれども、週刊文春取材班は、妻のKEIKOさんの母親に直撃取材を行っています。

母親はショックですと言葉少なに語るのみだったという。

お母様は、妻のKEIKOさんとどのようなお話をされているのか、ご心労を察してしまいます。

 

小室哲哉と不倫相手の看護師との密会はしっかり取られていた

週刊文春は昨年末から今月にかけて小室哲哉を追っていたようですね。

12月中旬に看護師宅に泊まったり、またクリスマスも一緒に過ごしたとも言われています。その後1月上旬には、都内の高級ホテルで密会。又ふたりは夕方、腕を組み部屋から出て来ている。そして1月13日、KEIKOを大分の実家に帰ったその日に、看護師を自分の自宅に招き入れ一晩共にしたと言う流れをスクープされた。

もう言い訳のしようも無い証拠写真の数々〜

1月18日にスクープの全貌は、週刊文春デジタルとLINENEWSのチャンネルで全文公開するとのことです!

スポンサーリンク